0
¥0

現在カート内に商品はございません。

五光食品株式会社

私たちの原点

プロ×プロがこだわり抜いた産地と自慢の素材をご紹介します。

牡蠣

世界が認める三大漁場。「三陸沖」「石巻湾内」で育った牡蠣を厳選。

五光食品が使用しているのは全て三陸沖、宮城県産の牡蠣。
世界三大漁場として恵まれた海から育つ牡蠣は正に逸品です。
北から南下する冷たい海流「親潮」と南から北上する暖かい海流「黒潮」がぶつかる場所を擁している三陸沖。
その中でも、宮城県石巻は自然豊かな森・河・土壌から多くのミネラルが絶えず海へと流れつくため、栄養がとても豊富です。

さらには、石巻市の万石浦(まんごくうら)では牡蠣の養殖が一番最初に行われた地として栄え、現在では日本全国のみならず世界各国へ種牡蠣と技術を提供しています。

五光食品は宮城県石巻市の生産者さんと提携し、共に牡蠣の生産を行っております。
牡蠣は「生食用」と「加工用」の2種類に分類されますが、宮城県産の牡蠣は全て「生食用」として出荷しており、当社で加工してる牡蠣は全て「生食用」を加工しています。
贅沢な牡蠣を贅沢な方法で提供している五光食品「牡蠣」を是非ご賞味ください。

牛たん

牛たんの肉質と風味豊かなオーストラリア産を厳選。

オーストラリア産の牛はグラスフェッドといって牧草を食べて育ちます。
放牧されているため、適度な運動を行いながら牧草を食べ、ストレスフリーな環境にあります。
そんなストレスフリーな環境の中で牧草を食べると脂が控えめで歯応えがある肉質になり、牛たんの風味を堪能できる牛たんに仕上がります。

五光食品は歯応えがある肉質と風味を活かせる製法で加工し、さらにうま味の向上・高い鮮度を保ちながらお客様へお届け致します。

前述の中にグラスフェッド(牧草)を食べて育ち、歯応えある肉質と風味があるとお話しました。
今後は日本が1番輸入しているアメリカ産やカナダ産は牧草ではなく、穀物飼料で育てられております。
穀物を食べた牛のたんは肉質がとても柔らかくなります。
また脂身が多く、とてもジューシーな牛たんができあがります。

これからの五光食品はオーストラリア産、アメリカ産、カナダ産など厳選された牛たんを幅広く仕入れそれぞれの牛たんに最適な製法を駆使してお客様へお届けすることをお約束いたします。

ページトップへ